にかいのおねぎや笹木 の おこぜの肝刺し @ 広島

Pocket

広島出張のお疲れ会として同僚と二人で気になっていた、にかいのおねぎや笹木へ行ってきました。

宿泊していたホテルの近くにあった、にかいのおねぎや笹木さん。予約がいっぱいのこともあるとのことで事前に予約をしてからの訪問でした。この日は7,500円のコースを注文。仕事後にホテル近くまで歩いて行きました。

   

表に出ているのは小さな表札のみ。「にかいのおねぎや」と覚えていたので最初は「笹木」と書かれた表札を見逃してしまいました。扉を開けて二階へ行くと素敵なカウンターが広がるお店でした。

   

早めの時間だったのでカウンター席では一番のり。端の席に案内されました。今日使われている野菜が目の前に並んでいたり、料理人さんの手元も見える良い席でした。清潔感の綺麗な白木造りのカウンターに少し照度を落とした照明。男の同僚と来ましたが、ここはデートに使われるお店ですね。

   
席には事前にお箸が三善並んでおり、それぞれ固さが選べるとのこと。この日は一番硬い樫の木の端で頂くことにしました。

先付け。シャキシャキと冷たいアスパラやインゲン。よく煮られたタコ。涼やかな品が並んでいて暑い中歩いてきた甲斐があります。ビールもうまい。

   
オシャレなお刺身盛り。中心から鯛、上に行って反時計回りに鰹、鯵、オコゼ+肝、タイラギ貝、金目鯛、イカ、ノドグロの炙り、マグロ、地物の巻きだったかな。オコゼの肝乗せは抜群に旨かったです。

冷酒をおまかせで合わせてもらいました。

茄子の田舎煮と夏野菜。出汁が染みたフルーツトマトが口で弾けます。

夏野菜の茶碗蒸し。枝豆、コーンの甘さと生地が合わさって癒やされました。見た目に綺麗なのも好印象。

頬肉の柔らか煮。ワインソースで仕上げているようでかなりトロトロ。西洋ワサビがいいパンチ効かせてます。

   

酢の物、魚料理と続きます。無難な美味しさ。

他の方のレビューを事前に読んでいたのでウニ丼も期待していましたがマグロの漬け丼のウニ乗せでした。刻んだ紫蘇が夏っぽくてペロリと食べてしまいました。

果物と合わせたデザートでコース料理が終わりました。

外れのない小料理が続く良質なコース内容でした。特にお刺身は美味しく、合わせていただいた日本酒もよかった。ただ、季節柄か地物が少なく、広島に来て7,500円払ったにしてはコスパが悪い印象を受けました。同じ値段帯で東京に良店がたくさんありますし、広島もこの値段で探せば地物をがっつり食べさせてくれるお店がありそう。ガツンと印象に残るお皿もなかったので、あえて遠方から広島に訪れてこの店を選ぶ理由は見つかりませんでした。お店の雰囲気は抜群なので広島在住の方のデートにはうってつけのお店だと思います。広島在住の方には点数を+0.3ほど上げて見て欲しいお店です。

■□お店情報□■

関連ランキング:割烹・小料理 | 八丁堀駅胡町駅立町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です