みかわ是山居 の 極上稚鮎の天ぷら @ 門前仲町

Pocket

伝説のてんぷらを一度は味わってみたいと思いたち門前仲町にある天ぷらの名店、みかわ是山居に行ってきました。

あまり飲食店に詳しくない人でも天ぷらのお店としてテレビなどのメディアに多く出ているこちらのお店を見れば見覚えがあるほどの有名店。天ぷら屋さんには珍しくオープンテーブルの予約に対応しているため予約が飛躍的取りやすいのがありがたいですね。この日は17時からの訪問でお店を予約。

門前仲町駅からは徒歩5分程度。商店街脇の雑居ビルが並ぶ一角に唐突にある、みかわ是山居さん。予約の名前を告げると一階席のカウンターに通して頂きました。二階席もあるようですが寿司と天ぷらはカウンター席に限るので嬉しい限り。

まずは前菜から。天ぷらやさんに来て前菜について語るのも野暮でしょう。

早速、海老から。一口食べた瞬間にごま油の香ばしさが鼻に抜けます。次いで抜群に火入れがコントロールされた海老の甘さが広がります。使われている油にはごま油に加えてコットンも一定割合で混ぜられているようで上品。後々、分かりますがやはり上質な天ぷらは腹にもたれません。また、こちらのお店は一品を二口分提供されるのが嬉しかった。海老、烏賊などは2つづつ揚げられるので塩と天つゆの食べ比べが贅沢にできます。至福です。

海老の頭。サクッと揚げられた海老の頭は少し噛むだけで崩れていき身の部分にはない強い甘みを感じさせます。

鱚。火加減も絶妙ながら形が綺麗です。挙げられる前に並べられている鱚を見ましたが、見事に同じ大きさ形のものが揃えられていました。徹底した仕入れの管理も感じられました。

烏賊。なぜ断面を写真に撮らなかったのか後悔するほどの絶妙な生加減。提供後、すぐに頂かなくては美味しさ半減なので画角が単調になるのはご愛嬌です。

雲丹の大葉巻き。こちらも色々なお店で出て来る品ですが火加減が如実に反映される一品。雲丹の甘さが活かされるか殺されるかですが、もちろん杞憂でした。雲丹は生に限ると思いますが、この大葉と香ばしい油で食べるのも乙です。

季節の野菜としてタラの芽を。優しい苦味が天ぷらのために生えてきたのではないかと思わせますね。

美しいまでの稚鮎は蓼酢おろしで。絶妙な苦味と甘み。稚鮎ならではの清々しさに蓼酢が合います。季節感も相まって、今日一番はこの天ぷらでしょう。

女鯒。ぷりっぷりの白身が天つゆに合います。

メインの穴子。サクサクに揚げられた身は箸で綺麗に真っ二つに。ぜひ美しいまでの動画をブログで見てほしいところ。

  

  

野菜は椎茸、アスパラ、シシトウ、茄子、サツマイモから2つを選ぶ方式。連れとシェアしてアスパラ、茄子、サツマイモを頂きましたがアスパラの柔らかさと火加減が最高で人生で食べたアスパラ天ぷらの中でダントツ一位の座を更新してしましました。やはり天ぷらは旬モノを食べるに限るなぁ。
  

〆は天茶、天丼からの選択式。両方いただけるお店もありますがここでは一品のみとのこと。悩んだ末に天丼に。少し濃い味付けでしたがホクホクに揚げられた貝柱の掻き揚げと甘いタレでご飯をかきこむのはこれまた至福のひと時でした。時間がかなりタイトで後ろのお客さんが来ている関係もあってデザートを頂いてお会計に。少し慌ただしかったかな。

総じて個人的な都内No.1天ぷらとなるお店でした。高級天ぷら屋さんも旬のものを1~2万円台で食べられるお店と3万円からの高級食材よりのお店がありますが比べる意味はないと思います。宮崎台の美かささんに伺って以来の衝撃でした。落ち着いた大人デートとしてはもちろん、大切な人たちとのお祝い事などに使うと喜ばれるのは間違いありません。ネット予約もできる人気天ぷら屋さんというのもポイント高め。季節のものを食べにすぐにでも再訪したいお店ですね。

■□お店情報□■

関連ランキング:天ぷら | 門前仲町駅越中島駅清澄白河駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です