【代官山】タルトフランベとステーキのコースが脅威の2,990円!タルトフランベとアルザスワインが織りなす素晴らしい空間「コテ・フー」

Pocket

タルトフランベという料理を初めて頂いたお店。
何年も前の12月に一度訪れたきり機会がありませんでした。
季節が思い出させてくれたのも縁でしょうか。
急に思い出して再訪してきました。
  
  
このお店を忘れてしまいそうになる大きな原因がお店の位置。
ちょうど代官山、渋谷、恵比寿のトライアングルの中心あたり。
どの駅からも遠いですが歩く価値は間違いなくあります!
タルトフランベ、食べたことのない人にはぜひオススメしたいお店。
  
  

  
  
何よりこちらのお店で凄いのはタルトフランベ2つとステーキのついたコースの価格が2,990円。
これだけではお腹いっぱいにはなりませんがかなり満足感のある内容です。
お酒を飲まない方ならかなり安くつくんじゃないかと。
そちらのコースの一品目がこちらの玉ねぎとベーコンのタルトフランベ。
ピザ生地より薄く焼かれたタルトフランベはクリスピー感が前面にきます。
しかし、全体に塗られたフレッシュチーズによってもちっと感も残っている不思議な食べ物。
一度食べるとまた来たくなります。
  
  

  
  
そしてこちらのお店のもう一つのウリがアルザスワイン。
何よりペアリングのレベルが高くて驚きです。
お値段は高くなりますがマリアージュ好きには一度は体験して欲しい組み合わわせばかり。
  
  

  
  
コース二品目はこちらのお店オリジナルのハーブとドライトマトのタルトフランベ。
サラダ間隔で食べられるなんとも憎いピザならぬタルトフランベ。
  
  

  
  
流石にタルトフランベづくしとは思いつつも追加で頼んだ一品。
チーズ好きにはぜひ、と薦められたチーズのタルトフランベ。
クミンシードをパラパラと乗せて食べるとスパイシーな味わいも楽しめます。
 
  

  
  

 
  

  
  
コースのメインは圧巻の溶岩石で焼く牛ロースステーキ。
肉は大きな塊で焼くほど旨いのは最早常識。
こちらをアルザスのピノ・ノワールと。
ぜひ来店して味わってみて下さい。
  
  

  
  
そしてデザートまでタルトフランベ。笑
こちらは紅玉のタルトフランベを仕上げにカルヴァドスでほんとにフランベしてくれます。
ちょっとした演出ですが女子受けは抜群かと。
久々に来ましたがペアリング、当たりでした!
  
  
[総評] 駅から遠いお店ですが、ウリであるタルトフランベのマイナーさも手伝って、知る人ぞ知る名店な雰囲気に拍車がかかります。俗に言う「教えたくないお店」ってやつです。お店もこじんまりとしており、カウンターを中心とした暗めの店内はデートにうってつけ。ご主人と奥様の二人で切り盛りされているのでアットホームな感じで料理やワインを相談できるのもポイント高いです。寒い日にこんなお店でタルトフランベを食べながらワインを楽しむディナーデート。素敵だと思います。
  
  
■□お店情報□■

コテ・フービストロ / 代官山駅渋谷駅恵比寿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です