鮨 久保田 の 鰯の海苔巻き @ 天神

Pocket

親戚の都合で福岡へ寄る機会が出来たので以前から気になっていたお寿司屋さん、久保田にいってきました。

こちらの鮨 久保田さんはマグロを取り扱わないことをポリシーとしているようで気になっていました。鮨といえばマグロな嗜好がある身としては一度は行ってみたかったお店です。

お店はカウンターのみの雰囲気のよい内装。カウンターに座った時に広がる眼の前の壁の深い朱、こきあけ(深緋)色とでもいうのでしょうか、がとても印象的です。場所柄、中洲のお姉さんが連れてこられたりするのかなと行った感じ。大将の接客も自信ががありながらも従業員や客に対する態度は非常に柔らかく好印象でした。

注文できるものは、おつまみ+握りのコースのみ。この日はつまみ6品、握り8品でした。

鰯の海苔巻き。最初に出てきた一品がこの日一番のヒットでした。見た目にもキレイな紅白な鰯が海苔で丁寧に巻かれています。また、海苔が風味高くて非常に美味しい。聞けば有明産のものだとか。近場に海苔の名産地がある福岡ならではの一品でした。

太刀魚はオリーブオイルで焼いてありふっくらとした味わい。火加減も絶妙で美味しかったです。

ホタテの味噌焼き。少し表面がばさついていましたがこの辺りは好みのレベルでしょう。

握りは赤酢で基本的にかなり小ぶりでした。大将いわく、福岡はラーメンなど〆で主役を張れる食べ物が多い街。あまり鮨でお腹いっぱいになるとそちらが食べられないので腹八分目がポリシーだとか。

コハダ。やはり九州で魚を食べると鮮度が全然違うのが感じられますね。薄い切り身でも歯ごたえが全然違います。

玉は貝柱をいれた仕上げ。ふっくらとした優しい味でした。

全体を通しては一品、一品が非常に丁寧に仕上げられていて美味しく、福岡の鮨を楽しめるお店。しかし、この丁寧さでマグロを扱って欲しい気持ちは拭えませんでした。この日、一番重いものが穴子の握りでしたがトロ、ウニや漬けなどの品がない鮨コースはなんだか中途半端な印象です。腹八分目がポリシーとのことですが福岡に来てお腹いっぱいお寿司が食べたかった身としては少し期待ハズレな点も残ったお店でした。大将もまだ若そうだったのでこれからどんどん変化していくお店だと思います。時間をおいて再訪したいお店です。

■□お店情報□■

関連ランキング:寿司 | 天神南駅西鉄福岡駅(天神)中洲川端駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です