CINA の 熊猫コース @ 恵比寿

Pocket

うしごろを手がける株式会社サングさんのニューブランド、CINA New Modern Chinese が10月24日にオープンしたらしいので行ってきました。

うしごろバンビーナ、うしごろ貫など多くの焼肉店を恵比寿に出店されていますが、なんと新店は中華料理。中国料理をベースに世界中のあらゆる料理技法をとり入れたモダンチャイニーズだそうで、メインは黒毛和牛。店内も中華というよりはフレンチにありそうなモダンな内装でデートによさそう。加えて、ワインに合う中華料理ということでチョイスしてみました。

コースは3種類からで、この日注文したのは「熊猫(パンダ)」コースで、料理は以下の 11 皿。

セロリと紅芯大根のCINAサラダ
椎茸の唐揚げ 甘辛ソース和え
細切りクラゲとパクチーの和え物
トリュフ&ビーフン
鉢鉢鶏 四川よだれ鶏
黄ニラの春巻き
ロースとベリーの黒スブタ
蟹と濃厚卵のかに玉
海老の黒チリソース イカスミと豆板醤のソース
A5黒毛和牛赤身のステーキ 山椒風味の醤油ソース
胡麻香る担々麺 OR 中国たまり醤油の黒チャーハン

ワインはボトルの種類が豊富で一本5,000円からの品揃えでした。この日は前菜に合わせてシャンパン + シャーウッド エステート ストラタム ソーヴィニョン ブラン。後半のお肉などに合わせてクライン セラーズ ジンファンデル ロダイを注文。

セロリと紅芯大根のCINAサラダ。シャキシャキとした紅芯大根と胡瓜の食感にセロリの甘さが合ってて中々。

椎茸の唐揚げ。山椒の効いたソースで和えられていてこちらも美味しい。ただ、冷前菜扱いなのが残念。

細切りクラゲとパクチーの和え物。こちらも食感が楽しい一品でした。パクチーは嫌いでなければ合わせやすい万能食材ですね。

トリュフ&ビーフン。正直、あまりこのタイミングで出てくる意味の分からなかった一品。いきなり冷前菜4品は寒い冬だと食欲がなくなってきます。夏だといいのかも。

四川よだれ鶏。もともと大好物なのですが流石にこうも冷たいお皿が続くと調理の手間を省くために前菜は事前盛り付けの皿が多いかと勘ぐるレベル。

黄ニラの春巻き。エビがプリプリで美味しかったですが、周りに添えられたカラスミはいらなかったかな。春巻きの形状的にも一緒に口に運びにくかった。

、、とここまでの前菜でかなりお腹が膨れてくる。コースの値段帯を考えても、品数を絞って一品一品の質を上げた方が満足度は高いのではないかと思います。

この後、酢豚、かに玉と続きますが話に華が咲き、写真を忘れる失態。かに玉はかなりフワフワで出汁が効いていて美味しかったですね。

海老の黒チリソース。イカスミと海老チリかと最初は警戒していたのですが豆板醤の辛さがイカスミの臭さを感じさせない程度に調和していて美味しく頂けました。かなり濃い目の味付けで、エレガントに主張するジンファンデルとの組み合わせは個人的にはありでした。

A5黒毛和牛赤身のステーキは流石、系列店に有名焼肉店を揃えるだけあって美味しかったです。赤身のしっかりした肉の味を味わえる薄切りステーキに山椒のピリっと効いた醤油ソースは一口の満足度が非常に高かった。贅沢を言えば、もう少しお腹に余裕のある状態で食べたかったです。

最後は担々麺で〆。複数人で行っている場合は黒チャーハンと担々麺の注文をそれぞれ取ってくれるのはよかったです。

うしごろブランド、デート向けの内装、店の色がかなり出るモダンチャイニーズということで期待して行ったのですが少し期待ハズレ。コースの構成、料理の出て来るタイミング、接客などを見ているとこの値段帯のコースだと他の店に行くレベルだと思います。ただ、オープンして間もないお店。うしごろなど他店でのノウハウもあるでしょうし、メインの料理の味は間違いないです。色々な意味で少し時間をおいて再訪したいですね。新しいお店が好きだったり、うしごろブランドを知っている人と大人デートするにはいいんじゃないでしょうか。

■□お店情報□■

関連ランキング:中華料理 | 恵比寿駅代官山駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です