ici の 白子のパイ包み焼き @ 恵比寿

Pocket

リーズナブルなカジュアルフレンチを求めて恵比寿二丁目交差点近くにあるici@恵比寿に行ってきました。

恵比寿駅から徒歩10分ほど、広尾駅との間にあるiciさん。ディナーの時間帯は季節の食材を使われたプリフィクスコース、5,800円のみの提供でした。この日のメニューは以下の通りでした。

前菜1
白カブのポタージュスープと赤カブとズワイガニのサラダ

前菜2
サーモンのミ・キュイ 根菜のマリネ添え ライムクリーム添え or
牡蠣のムニエル ほうれん草のリゾット添え or
蝦夷鹿のハムとビーツ、アンポ柿、レッドオークのサラダ仕立て

魚料理
白子のパイ包み焼き ブールブランソース

主菜
せせらぎポーク肩ロースとムカゴ、ユリ根のロースト シェリービネガーソース or
牛すね肉とちりめんキャベツの煮込み ジャガイモのピュレ添え

デザート
チョコレートクリームと苺のエクレア ヴァニラアイスクリーム添え or
和栗のモンブラン or
チーズの盛り合わせ or
デザートワイン or
食後酒

この後、コーヒー or エスプレッソ or 紅茶が出てきました。

店内は10席弱のオープンカウンター席と4人掛けのテーブル席。柔らかい木の家具と暗すぎない照明で静かにけれど談笑しながら食事ができる雰囲気でした。ワインの勧め方も付かず離れずの適度な接客感で非常にありがたかったです。料理に合わせてペアリングしてくれるらしいのでそちらを注文してみました。

NV, Veuve Olivier & Fils
2015, Ch. les Hauts de Caillevel Fleur de Roche
2013, Montagny 1er cru J.M. Boillot
2013, Marsannay, Chateau de Marsannay
+
2013, Domaine le Clos des Cazaux Vacqueyras Cuvée des Templiers

アミューズ一の玉ねぎのタルト。じっくりと炒めた玉ねぎの香ばしさと甘さが口に広がります。暖かいオニオンスープをギュッと一口で食べるような力強さがあり、寒い日にはほっこりくる一品でした。

白カブのポタージュスープと赤カブとズワイガニのサラダ。何より見た目が可愛いので女子受けは抜群です。周りの女性陣が騒いでいました。ポタージュは寒い中歩いてきた身体を暖めてくれて食欲が湧きます。サラダも味が抜群。エグみが残りがちなズワイガニも本当に甘くて赤カブとの食感も相まって美味しく頂きました。

選択できる前菜は牡蠣のムニエルを選択。旨味の出てきたクリーミーな牡蠣が香ばしくソテーされていてほうれん草のリゾットに合います。少なめのポーションながらも満足感がありました。

本日、一番の当たりだった白子のパイ包み。大きい白子がぎっしり中に詰まっており、ブランブールソースとの相性が抜群。白子バター万歳です。パイの表面もパリパリで味、食感と楽しめる一皿でした。

せせらぎポーク肩ロースとムカゴ、ユリ根のロースト。ローストされた肩ロースのエロさ。柔らかい脂ののったお肉に酸味のあるソースがよく絡みます。ユリ根の食感と甘さが冬を演出していました。

合わせて頂いたのが 2013, Marsannay, Chateau de Marsannay。ピノ・ノワール100%らしい軽さと華の香りがしました。味では主張しすぎず、臭いで豚の甘さを支えるいいコンビでした。

食後はチーズ盛り合わせをチョイス。デザート代わりにDomaine le Clos des Cazaux Vacqueyras Cuvée des Templiersも注文。畑の土っぽいスパイシーな印象。

恵比寿駅前の喧騒から離れた住宅街にある小さなお店で季節の食材を使った美味しいフレンチが頂けました。適度な距離感とお二人で料理を一品一品丁寧にサーブしてくれる接客は心地よかったです。ここ一番のデート用、というよりは久しぶりに会う女友達とゆっくり話したい時に最適だと思います。

■□お店情報□■

関連ランキング:フレンチ | 恵比寿駅広尾駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です