SATOブリアンにごう の ブリ飯 @ 阿佐ヶ谷

Pocket

最高のシャトーブリアンが頂けるとの噂を聞いてたまたま予約の取れたSATOブリアンにごうに行ってきました。

都内の焼肉通なら一度は行ってみたいSATOブリアンさん。二号店が出来、そちらも盛況で予約が取れないとのこと。電話をかけてみたところちょうどよく個室が空いていたのでそのまま6人で予約をして、海外からのゲストと共にお邪魔してきました。

思った以上に狭い店内。通された個室に辿り着くまでに急な階段を登る必要がありました。店内の雰囲気はよくある街の焼肉屋さんといったところ。店員さんもお店が有名なのも手伝って少し自信有り気な人が多く、接客態度も丁寧という感じではなかったです。飲食店には色々なタイプがありますが、こちらは肉の質、料理の味のみで勝負しているのでしょう。あまり評価するところではないかもしれません。この日はせっかく海外のゲストと共に訪れたので12,500円のSATOブリアン直球コースを頼みました。内容は以下の通り。

ビーフシチュー
キムチ盛り
サラダ
極上トロタン
厚切り特上ハラミ
赤身二種盛り合わせ
シャトーブリアンすき焼き風
ブリカツサンド
シャトーブリアン&ブリめし
デザート

ビーフシチュー。じっくり煮込まれていて野菜の甘味が出ています。期待が高まるものの、ここはまだ「美味しい」レベルでした。

極上トロタン。非常に厚みがあるのにとろけるようなちょうどいい歯ごたえ。やはりお肉の質は抜群によかったです。

見ただけで分かる最高のハラミです。絵力も凄い。ハラミ好きとしてはたまらない食べごたえでこれだけ食べたいほどの肉の甘味。大満足。

サシの入り具合が異常な肉です。SATOブリアンさんが人気なのはこの焼く前の状態で皿の力も借りずに肉だけで美味いと思わせるプレゼン力だと実感しました。

こちらの赤身は先程のものに比べて厚く切られており、部位に応じたカットが楽しめるのもこのコースの楽しいところでした。

本日のシャトーブリアン一発目はすき焼き風。網で熱される甘辛いすき焼き風のタレの臭いとツヤツヤと輝く卵黄が魅惑的です。これで美味しくないわけがない。

名物ブリカツサンド。(写真がボケてしまいました。)肉汁をこれでもかと吸い込んだパンと、パン並みに柔らかいお肉で間違いなく人生で食べた中で一番美味しいカツサンドでした。ただ、この辺でお腹がいっぱいになってきます。

しかし、その満腹感を忘れさせる絵力が再び。肉+ウニ。流行りとはいえここまで食欲を奮い立たせる組み合わせもないでしょう。

歯がナイフのように滑らかに肉に入っていく感覚は衝撃的です。焼き加減のなせる業ですね。ウニの甘みと相まってもはや犯罪的な美味しさでした。

最高級の肉を豪快にお腹いっぱい食べたいのなら日本で一番というのもうなずけるお店でした。焼肉店も有名店になるとそれぞれ個性がありますが、このお店は間違いなく肉の質に突出したパワー系のお店です。体調を整えて、お腹を空かせて行くのをオススメします。食が細かったり、過度の脂の摂取で体調を崩す人はコースのレベルを下げるか、他の赤身重視の焼肉店の方が向いているかもしれません。どちらにせよ一度は体験してみて欲しいオススメのお店です。

■□お店情報□■

関連ランキング:焼肉 | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です