The Wagyumafia の ジゴロ焼き @ 赤坂

Pocket

昨年取得した会員権を受け取りに和牛専門の会員レストラン The Wagyumafia に行ってきました。

完全会員限定性のため住所が非公開な The Wagyumafia さん。Google Map で調べたら出てくるので何方かが登録してしまったの分かってしまいますが。笑 この日は会員権と共に付いてきた14,000円のコースをいただきました。

雑居ビルの二階に位置するお店。入り口の扉が黒塗りでいかにも赤坂の会員制のお店感が出ています。

まずは握りから。粒胡椒が爽やかで美味しい。ただ、お肉はいいんでしょうが、お寿司としてはシャリとバラバラだったり肉の甘味も出ていなく疑問系。

牛骨スープはしっかりと味が出ていて優しい味。くどくなくて生肉を食べる胃を暖めてくれます。

三種盛り。真ん中のツラミの歯ごたえたっぷりの馬肉のような旨味は◯。でもスイートコーンのスープが一番美味しかったです。

サラダ。可もなく不可もなく。

牛肉の味噌焼きと万願寺とうがらし。味噌ダレが多めであまりお肉の味が楽しめませんでした。

   

串とシュウマイ。正直、あまりクオリティは高くないですね。この品を1万円オーバーのコースで出すお店もあまり見かけません。

   

お店でウリの神戸牛のヒモ。マフィアにちなんでジゴロと命名しているようです。日本一高い肉、と紹介されるだけあって脂身のきめ細かさが凄く歯がスッと入る肉質は確かに良かったです。思わず笑顔がこぼれる美味しさもある。ただ、このレベルのお店を謳うにしてはやはり焼き加減が残念。まず、このレベルのお肉を出すならまず焼き方を聞いてほしかった。恐らく一部高級鉄板焼き屋さんで見られるじっくりと焼く方式を取られているのでしょうが残念な焼き加減。熱海ふふで見られたような焼きのレベルの高さが見たかった。完全にお肉に負けている。勿体無い。  

   

   

牛骨スープで頂く牛しゃぶは、ますます迷走感が増してきた一品でした。お肉の味を隠すかのようにかけられるパルメザンチーズ。とちゅう出されたスープはしゃぶしゃぶにするには少し味気のない印象。結果、脂身の多い茹でたお肉をチーズ味で食べる結果に。

[総評] お肉は一部、神戸牛など良いものを使われているのでしょうが、引き立てる素材や調理法にかなり疑問を感じるお店でした。クオリティとしても14,000円を払うレベルのコースではありません。これだと少しレベルの落ちるお肉を一流の料理人に料理してもらうほうがお金を払う価値があります。また、ドリンク類の値段が高く、8,000円などのコースを用意している店のスタンスとのバランスが取れていない印象も強かった。世界中の美味いものを食べてきた方たちがプロデュースする、と銘打ったお店だっただけに期待感が高く、ただただ失望感が大きかったです。食べログに点数を載せられるなら 3.3 といったところでしょう。

■□お店情報□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です